トップ > イベント > 学科内行事 > 材料コース卒業研究中間発表会

[トップ] [ニュース] [イベント] [概要] [入試] [大学院] [FAQ] [表彰・受賞] [地理] [スタッフ] [サイトマップ]

平成15年度材料コース卒業研究中間発表会

平成15年9月30日に茨城大学工学部物質工学科南棟2F講義室にて材料コース卒業研究中間発表会を行いました。12研究室の40名の卒業研究配属学生を3グループに分け、各グループ40分間のポスター形式での発表とし、事前に概要集を作成し配布しました。関係教官、卒業研究配属学生以外にも学部2,3年生も若干名参加していました。研究室配属の参考になると思います。

発表風景発表風景発表風景

研究室と研究テーマ

研究室研究テーマ
市村研Pb-Ca合金の電気化学的特性
過共晶Al-15%Siの改良処理
アルミニウムの結晶粒微細化効果について
アルミニウム系発泡金属の製造と発泡機構
稲見研透過型電子顕微鏡(TEM)による金ナノ結晶の粒径測定
CaO-SiO2-MgO添加ウスタイトの初期還元過程
ガスデポジション法により作製した金属ナノ結晶の粒径、粒径分布測定
榎本研溶接金属におけるアシキュラーフェライトの三次元形態について
MnSのフェライト核生成能
Fe-Cu合金のCu析出シミュレーション
太田研プラスチック基複合材の熱伝導率
粒子状材料、繊維状材料、および薄膜の熱物性測定
ナノ結晶化ガラスの熱物性評価
大貫研高分子膜とCuおよびCu合金膜の界面構造と密着性
超LSI用Cu配線の酸化膜の構造と耐食性および信頼性
高温太線Alワイヤー超音波ボンデング部の信頼性
超高速LSI用超微細Cu配線の微細構造及びEM耐性に関する研究
小檜山研部分安定化ジルコニア酸素センサーのインピーダンス特性
ガスデポジション法で作製した金ナノ結晶の機械的特性と熱的安定性
内部摩擦測定法を応用したアルミニウム合金の疲労に関する研究
擬弾性的手法を用いた銅の疲労に関する研究
篠嶋研ナノクリスタルの構造と力学的性質の計算機シミュレーション
微小硬さ試験における圧子形状依存性の計算
フェーズフィールド法による一方向凝固シミュレーション
非平衡分子動力学シミュレーションによる熱伝導実験
鈴木(鼎)研アルミニウム合金の高温酸化(2名)
メタン-水素混合ガスにおける固体鉄の浸炭(2名)
鈴木(徹)研カロライジングおよびAl-Si同時拡散浸透処理による純鉄の耐酸化性の向上
セメンタイトにおける高温変態挙動
中性子回折を用いたパーライト鋼の残留応力測定
友田研玉鋼の作製とその機械的性質
電子デバイス実装における材料学的課題
高窒素オーステナイト系ステンレス鋼の力学特性
鉄鋼リサイクルにおける不純物の除去
永野研OpenGLを用いた3次元電荷密度の可視化
OpenGLを用いた3次元ウルフプロット表示
横田研溶融塩電析処理法を用いたFe基材へのAl被覆
溶融塩電析法による鋼板上の耐酸化皮膜の作製

[トップ] [ニュース] [イベント] [概要] [入試] [大学院] [FAQ] [表彰・受賞] [地理] [スタッフ] [サイトマップ]