戻る
[2005/11/23〜25]
忠北大學校工科大學訪問

23日

高速道路から見た団地高速道路は4車線忠北大學校工科大學(College of Engineering, Chungbuk National University)と茨城大学工学部は毎年、お互いに相手先を訪問し、教員と学生の記念講演を実施しています。本年度は機械工学科の近藤良教員と都市システム工学専攻と物質工学専攻の大学院生1名ずつ、そして物質工学領域から横田が代表で訪問いたしました。

この4名は当日9時過ぎに成田国際空港に集合し、ANA NH907便で韓国仁川(Incheon)国際空港に向かいました。出発時間は10:45、到着時間はほぼ予定通りの13:25の約3時間の旅でした。当日仁川は快晴で、出国手続きを済ませ、忠北大學校の方の車でホテルに向かいました。出発は14時過ぎでした。

ホテルまでの行程はほとんど高速道路だったのですが、両側には写真のように高層の団地がいくつも建築されていました。また、高速道路は4車線でした。


清洲観光ホテル200km弱を2時間強で移動し、写真の清洲中央部の清洲観光ホテル(Cheong Ju Tourist Hotel)に到着しました。

夕食のレストラン2時間ほど休憩した後、写真のレストランでご馳走になりました。この店は刺身、天婦羅など日本料理が出てくるのですが、味付けが韓国風になっているのが面白かったです。

24日

工科大學事務棟前清洲観光ホテルから忠北大學校は車で5分ほどの距離にあります。総合大学で大学内を車で移動するのも大変です。建物、構内道路とも整備されていました。写真は工科大學の事務部がある棟の前で撮影したものです。

この後、工科大學長にご挨拶に伺い、工科大學の説明を受けました。建設、土木といった分野に力を入れている印象を受けました。

横田講演都市システム院生講演写真は各々横田と都市システム工学専攻院生の記念講演の様子です。工科大學の材料系、機械系の学部生、院生が聴講してくださったようです。横田の講演タイトルは「溶融塩を用いた材料表面改質」でした。

昼食のレストラン記念講演後には、写真のレストランで昼食をご馳走になりました。このお店では豆腐のステーキなど豆腐の料理が出てきます。

機械系研究室見学昼食後、工科大學に戻ってきて材料系、機械系の各研究室を見学しました。写真は材料系鋳造分野の研究室の様子です。

清洲古印刷博物館その後は市内観光に連れていっていただきました。写真は清洲古印刷博物館です。ここは韓国の印刷、活字の歴史などが見学できます。頂いたパンフレットが日本語だったのでびっくりしました。

WOONBO's House次に、WOONBO's Houseを見学しました。WOONBOとは人名で「雲甫」という絵描きで、写真左側にその像が見えます。晩年住んでいた場所に作品が展示してありました。

夕食のレストラン再び、市内に戻って夕食をご馳走になりました。ホストである工科大學長によると古い宮廷料理であるとのことでした。

25日

仁川−本島間の橋最終日は忠北大學校の方の車で仁川空港に送っていただきました。9時過ぎにホテルを出発し、11時半に空港につきました。写真は仁川と本島の間にかかっている橋です。現在は高速道路だけですが、鉄道も建設中でした。

空港で昼食を済ませ、ANA NH908便で成田空港に向かいました。出発時間は14:20、到着時間はほぼ予定通りの16:35の約2時間の旅でした。

最後に今回の訪問にあたり、色々お骨折りいただいた忠北大學校の各位にこの場を借りて御礼申し上げます。


戻る